2017-11-23

「女性インフルエンサーが、将来的にも活躍できるプラットフォームを提供したい」セレスタイト代表取締役・案志優実インタビュー

 

インフルエンサーマーケティングについて

 

こんにちは! 株式会社セレスタイト・広報の吉田です。今回は、弊社代表取締役の案志優実に、今後のインフルエンサーマーケティングに関するインタビューを行いました。昨今のインフルエンサーマーケティングにおける問題点や、その改善策について。また、弊社の方針や、目指すビジョンについても語っています。

 

インフルエンサーマーケティングにおけるステマは逆効果

 

-会社として、インフルエンサーマーケティングに着手した理由は何ですか?

 

理由は2つあって、ステルスマーケティング(以下「ステマ」)を減らしたいと思ったことが1つ目の理由です。インターネットの普及が進むにあたり、SNS自体のユーザーが増え、それに伴いインフルエンサーマーケティングに目をつける企業も増えています。ですが、インフルエンサーを用いたプロモーションが増えれば増えるほど、「ステマ」と呼ばれる「やらせ投稿」も多くなってきていて。使ったこともない商品を、あたかも普段使っているかのようなテイストで、インフルエンサーに投稿させるケースもあるんです。そういう投稿が増えると、ただの「やらせ広告」なのか、「本当に良いモノ」なのか、ユーザー目線で判断がつかなくなってしまいますよね。プロモーションに協力するインフルエンサー自体の世界観や価値を崩す上、虚偽の投稿を行うことによって企業ブランドのイメージも下がってしまい、折角インフルエンサーマーケティングを行っているのにむしろ"逆効果"になってしまっているという状況を見て、ステマではないインフルエンサーマーケティングを行いと考えました。

2つ目は、女性の社会進出をサポートしたいと思ったからです。女性は、結婚、出産など、男性には無いライフイベントがたくさんあります。女性が働きやすい環境づくりは、現在世間的にもかなり重要視されていますが、そうは言ってもまだまだ女性が働きやすい世の中であるとは言えません。その為、女性インフルエンサーの皆さんが今後活躍していく為の、プラットフォームを作ろうと思いました。自分の才能や個性をどんどん発揮して、女性がもっと社会に進出できるように、女性インフルエンサーの皆さんと共に世の中を盛り上げていきたいと考えています。

 

-ステルスマーケティングが横行していると仰っていましたが、ステマ投稿を見抜く方法はありますか?

 

基本的に、「普通の人がこんな投稿しないだろうな」という物が怪しいです。長い商品名が書かれていたり、成分情報が書かれていたり、詳細すぎる説明のある投稿を頻繁にしている子は怪しいです(笑)。本当にその子が「良いモノ」だと思って投稿しているのか、企業に投稿するよう言われて投稿しているのかがわからないので、インフルエンサーの子がそれまで作り上げて来た世界観が、一気に台無しになってしまうから勿体ないですよね。

 

クライアント・インフルエンサー・ユーザーの3者に不快感の無いプロモーションを実施

 

-インフルエンサーさんに支持されるプロモーションを行う為に、どのような点に気を付けていますか?

 

インフルエンサーさん達がそれまで作り上げて来た、各自の世界観を崩さないように心がけています。その上で、特に気を付けていることは2つ。まず1つ目は、マッチング。ただフォロワー数やエンゲージメント率を見て決めるのでは無く、その案件に合ったインフルエンサーさんに依頼をしています。その方のライフスタイルと、PRしたい商品・サービスに一致感がある方が、商品やサービスの良さを効果的にユーザーに届けることが出来ます。

そして、プロモーション自体の企画内容が2つ目。弊社では、実際に実施して頂くプロモーションの企画内容を、インフルエンサーさんに事前に確認して頂きます。案件によっては、フィルター加工の有無や、顔出しの有無を指定されるケースもありますが、事前にインフルエンサーさん方と企画内容についてお話することによって、皆さんの世界観になるべく溶け込めるようなプロモーション企画を実施しています。

 

-ステマを行うと、プロモーション自体の効果が減りますか?

 

プロモーション実施インフルエンサーのフォロワーが多ければ、それなりに実施効果はあるかもしれませんが、もしそれがステマであるとユーザーにバレた時、大きく企業様のブランド価値を下げることになります。

特に昨今、SNSのユーザーはどんどん賢くなってきています。年々インフルエンサー広告が増えていく中で、ユーザー自身がステマか、そうではない物かを見極められるようになってきています。その為、ステマ広告のリスクは増加中です。

 

-その上で、自社の女性インスタグラマーキャスティング・分析サービス『U-Motion(ユーモーション)』の強みはどこですか?

 

『U-Motion』の強みは、マッチング率の高いキャスティングにより、女性の心を動かす企画をイチから作ることが出来るという点。他社のキャスティングサービスは、基本的にキャスティングのみしか行っていません。企画内容に合っているかどうかは検討されず、エンゲージメント率やフォロワー数のみで判断されます。ですが、弊社のサービスは、前述した通りマッチング率の高いインフルエンサーのみをキャスティングしている為、よりユーザーの心に響く企画を実施可能です。例えばビフィズス菌のプロモーションの場合、顔の近くで商品を持っている写真をアップしたところで、ユーザーには何も響きません。ユーザーが知りたいのは、どのように食事の中に取り入れ、どのような効果が得られるのかという点です。いくら食事系に強みを持ったインフルエンサーだとしても、普段食事の投稿しか載せていないインフルエンサーさんが、突然顔の近くでサプリを持っている写真を載せたとしても逆効果ですよね。逆もしかりです。そのようなミスマッチを防ぐため、『U-Motion』では、普段どのような投稿をしているインフルエンサーさんなのかをリストアップし、事前に資料としてお送りしています。

 

また、不正投稿の対策を行うことも出来ます。鍵付きアカウントでの投稿や、ギャランティが支払われた後に投稿が削除された場合、『U-Motion』に通知が来るシステムになっています。その為、確実な実施の保証と、しっかりとしたマネジメント管理をさせて頂いております。

 

-最後に、インフルエンサーマーケティングにおいて現在注目していることを教えてください

 

現在、特にママスタグラマーさん(ママのインスタグラマー)に注目しています。1つのアカウントにつき、1つのママメディアが構築されているんです。彼女達のほとんどが自分の顔出しはしていませんが、ある時はお子さんに関する投稿、ある時はDIYの仕掛けプロデュースなど、彼女達自身のライフスタイルがメディアとして成立しています。その為、今後ママさん達の需要はどんどん上がっていくのではないかと考えています。

 

 

U-Motion

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ