2017-11-30

【完売続出】“ふわもこ”タリーズのくまスリーブに学ぶSNSでの成功の秘訣 & 新作ストロベリーミルクティーを一早くレポート‼︎

 

くまスリーブ について・こんにちは!セレスタイトの案志です。今日は私が、Tullysタリーズ さんで昨日1129日に発売したばかりのふわもこくまスリーブ と新作ドリンクについてマーケティング目線と女性ユーザーとして感じた「流行った訳」についてレポートします!

 

 

くまスリーブ

目次

 

1  SNSでの成功の秘訣

1-1   発売前にバズる

1-2  発売後もバズる

Twitterでの『売り切れツイート』

②おしゃれインスタグラマー

レポート

2-1   実際のベアフルスリーブ(くまスリーブ)

2-2  新作ドリンクのお味はいかに?

まとめ

 

まずは商品メニューの紹介から

【メニュー紹介】

発売期間は、20171129日から1225()まで、タリーズコーヒーの全国店舗で提供されます。お値段は、「シュトーレンラテ」は税込560円、「&TEA ストロベリーロイヤルミルクティー」は税込550円で、またベアフルスリーブ は「シュトーレンラテ」「アイリッシュラテ」「&TEA ストロベリーロイヤルミルクティー」「&TEA カベルネ&ストロベリーティー」1カップにつき1つ、税込350円で別途注文が可能。

 

1 SNSでの成功の秘訣

 

通常のタリーズのリツイート、ファボ数の5倍以上!既に、注目度の高さが読み取れますね。また、SNS上で影響力を持ったユーザーも続々とツイートした事により、トレンドに昇りました。なんと言っても 『新メニュー+ふわもこのくまちゃん』この破壊力のある組み合わせ。女性のハートを真っ向から射抜いてきた感じですね。

 

1-1 発売前にバズる

 

発売前の11月22日に発表した、タリーズ公式アカウントのTwitterでは、なんと5000を超える、通常のリツイート数の6倍以上‼︎ 

 

ベアフルスリーブ

 

1-2  発売後もバズる

 

そして発売後にもバズります。各SNS上のユーザーの反応を見てみましょう。

Twitterでの売り切れツイート

各店舗 20 限定?という、何とも少数な展開ですね。ただ、これがTwitterで更に話題に。某フリマサイトでは、価格が高騰している人気ぶりです。

 

ベアフルスリーブ

 

ベアフルスリーブ

 

②インスタ映え

おしゃれインスタグラマーが、早速投稿しています。

 

ベアフルスリーブ

 

早速チェックすると、#ベアフルスリーブ でハッシュタグ検索を行ったところ1400件を超える投稿が、!(2017年11月30日15時) 購入したくまスリーブ、ベアフルスリーブをアレンジ撮影した投稿が人気のようです。友達同士でお揃いの撮影を行った方の投稿もリアクションが多く来ています。

 

2 レポート

 

2-1   実際のベアフルスリーブ は? 

 

実際のベアフルスリーブ の写真です。

とってもかわいいです。

 

 

寒い冬にぴったりの商品であると思います。色の展開として、くまスリーブ (ベアフルスリーブ) にはベージュとホワイト2色があります。ホワイトのベアフルスリーブはこんな感じ。まんまるお目目と「TULLY'S COFFEE」という白の文字が入った緑のリボンが女心をくすぐりますね。

 

2-2  新作ドリンクのお味はいかに?

 

 

私は「&TEA ストロベリーロイヤルミルクティー」を選びました。

ミルクティーの上にホイップクリームと刻んだ生のイチゴがトッピングされていました。タリーズで注文するときには通常のミルクティーをソイに変更してオーダーすることが私のお決まりなので、完全に自分好みの味に仕上がっています () 肝心のお味は、見た目のかわいさに負けず美味しいです。程よい甘さで飽きることなく飲みやすいです。紅茶の香りもソイに負けずしっかり残っている為、紅茶好きの方にもたまらない一品になっていますね。昔は、スターバックスが主流だったのですが、最近私の周りでは、女友達とご飯を食べた後には、タリーズに行こうという風潮になりつつあります。女性が好きなドリンクメニューが沢山あること、wifiが設備されている、アイスの展開があること、くまちゃんのお土産グッズがかわいいこと、など益々タリーズから目が離せませんね。

また、くまスリーブ は次回来店時に持って行くと全てのドリンクが10円引きになりますが、数量限定な為、欲しい片は早めに行くのが良いかと思います。

社員の子は、「シュトーレンラテ」

 

ベアフルスリーブ

 

3まとめ

 

タリーズのくまスリーブ では、インフルエンサーや一般女性ユーザーを巻き込んだ共有されるコンテンツで成功したと言えます。男性の中には理解に苦しむ方もいらっしゃるかもしれません。しかし、女性の心を掴む見た目の可愛さやコンテンツは、「SNS世代」と言われる若い女性を取り込むきっかけになるかと思います。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

 

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ